TheThorおすすめプラグイン!最低限必要なプラグインは?

有料ワードプレスのテーマTHE THORのおすすめプラグインを紹介します。
また入れておいたほうがいいプラグインや導入すると不具合が発生する可能性のある不要なプラグインなどを合わせて解説していきます。
ワードプレスはプラグインが命とも言えますが、THORは少なくて済むので楽ちんです。

プラグインの導入方法

ワードプレスの左側にあるプラグインの新規追加をクリックします。

検索バーが右上にありますので、インストール(追加)したいプラグインの名前を書くと検索できます。

出てきたプラグインの右上にあるインストールをクリックすることでプラグインを導入することができます。

最低限必要なプラグイン

THE THORに必ず入れておくべきプラグインです。
最初に入っている場合、有効になっているか確認しましょう。

Google XML Sitemaps

ブログにサイトマップを生成することができます。

サイトマップとは、記事一覧などのサイト全体のマップ(地図)のようなものです。
XMLサイトマップでは、検索エンジンなどを巡回しているクローラー(ロボット)にインデックス(検索エンジンに登録)をさせることができます。
あるとないとでは、インデックスの速さなどに影響します。

Akismet Anti-SpamかInvisible reCaptcha for WordPress

スパムコメント(コメントの荒らし)対策をすることができます。
Invisible reCaptcha for WordPressのほうが簡単に導入可能です。

WP Multibyte Patch

ワードプレスは日本語に対応していますが、日本語でも稀に文字化けなどもありますので不具合などを起こさないようにするプラグインです。

Broken Link Checker

記事に入れたリンク(URL)が切れた際に通知してくれます。
リンク切れの状態で放置するとSEO的によくありません。

Customizer Export/Import

THE THORのデザイン変更の際に使用します。
デモサイトからファイルをダウンロードしてインポートすることでデザインを変更できます。

おすすめプラグイン

入れておくと便利なプラグインです。

Classic Editor

記事作成画面を昔のワードプレスに戻します。
ブロック形式では使いづらいかもしれないので一度試してみて無理だったら消しましょう。

EWWW Image OptimizerかImagify

どちらも画像サイズを圧縮してくれるプラグインです。
画像を多く使用するブログでは、入れておかないとサーバーが容量いっぱいになります。

BackWPup

ブログをバックアップすることができます。
乗っ取りされたときやサイトデザインを一新するときに必須なプラグインです。

WordPress Ping OptimizerかWordPress Ping Optimizer

ピン送信プラグインです。
サイトを更新したということをインターネットに発信してくれます。

SiteGuard WP Plugin

ワードプレスに第三者にログインされないようにセキリティを強化することができます。

Edit Author Slug

ユーザー名の設定でユーザー名を変更することができ、ユーザー名がバレてしまうことを回避できます。

Rinker

Amazon、楽天、Yahooの商品をショートコードで簡単にアフィリエイトすることができます。

不要なプラグイン

THE THORに不要なプラグインです。
導入しても問題はありませんが、いりません。
THORに付いている機能で十分です。

  • お問い合わせ系
  • 目次設置型
  • SNSボタン設置型
  • HTMLサイトマップ設置型
  • 関連記事系
  • SEO系(入れないほうが絶対にいい)
  • キャッシュ系(逆に遅くなる)

確認されている不具合などを起こしかねないプラグインです。
これらは公式から入れないように記載されています。

  • TinyMCE Advanced
  • Jetpack
  • SiteGuard WP Plugin

これらを入れていて何かあった場合は、とりあえずアンインストールしてみましょう。