Cocoonおすすめプラグイン!これだけは入れておくべきものまとめ

ワードプレス無料テーマで人気のあるCocoonのおすすめプラグインを紹介します。
これだけは入れておくべきというものもありますので、ワードプレスを作成した跡はプラグインを追加していきましょう。

Edit Author Slug

ユーザー名を新規で追加、変更できるプラグインです。
初期の設定のままだとコメントなどをした際にユーザー名バレ(ワードプレスログイン名)を晒してしまう可能性があります。

ユーザー名を変更することで安心してコメント返信などを行うことができます。

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップというものをサイトに作成することができます。

サイトマップを作成することでGoogleの検索ロボットにインデックス(発見)されやすくなります。
インデックスが速いと記事が検索結果に表示されるのが早くなります。

Invisible reCaptcha for WordPressもしくはAkismet

スパム(迷惑)コメントを防ぐプラグインになります。
Invisible reCaptcha for WordPressはAIが操作によりロボットか人間か判断してスパムを防ぐ最新の技術になります。

Akismetは古くからあるスパム対策プラグインになります。

SiteGuard WP Plugin

ワードプレスのログインのセキリティを強化できます。
管理画面、ログイン画面を簡単に第三者の攻撃から守ることができます。

WP Multibyte Patch

日本語による不具合など(文字化け)を防ぐプラグインです。
日本語版のワードプレスには必須のプラグインになります。

WordPress Ping Optimizer

pinを送信してくれるプラグインになります。
記事を公開した際にインターネットに記事を公開したよ!という情報を流してくれますので、インデックスが早まります。

Custom Taxonomy Order

カテゴリーの並び替えを行うことが出来るプラグインです。
ワードプレスはカテゴリーを並び替えできないので、整理するには必須のプラグインになります。

AddQuicktag

よく使用する定型文やタグなどを管理して簡単に記事に挿入できるプラグインになります。
テキストエディタをよく使用する人におすすめです。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを設置することができます。
非常に簡単に設置できサイト運営に必須のプラグインです。

EWWW Image OptimizerもしくはImagify

画像を圧縮できるプラグインです。
ブログでは画像を多く使用しますので、サーバー容量を圧迫してしまいます。
圧縮することで画像容量を減らすことができます。

Rinker

Amazon、楽天、Yahooのアフィリエイトリンクを綺麗に簡単に設置することができます。
CSSなどの知識があれば自由にカスタマイズできるのも特徴です。

WP Fastest Cache

サイトの表示速度を上げることができるキャッシュ系のプラグインです。
稀に不具合なども起こりますのでキャッシュ系は少しむずかしいかもしれません。