NO IMAGE

WordPress画像圧縮プラグインImagifyのインストールと設定方法まとめ

WordPressの画像圧縮プラグインImagifyのインストールから使い方を紹介します。
手軽で使いやすく圧縮がとても高いので写真容量を軽くすることが可能です。

Imagifyとは

ImagifyはWordPressで無料で使用できるプラグインです。

画像最適化を行うことができ、画像を圧縮することでサイトにおける画像の読み込み速度を早くすることができます。
各ページの画像読み込みが早くなりSEO的にも重要な役割を果たします。

他にも画像圧縮のプラグインはありますが私はImagifyをおすすめします。
理由としては

  • 画像の圧縮率を選択することができる
  • 圧縮率を画像ごとに変更可能
  • 投稿済みの画像も圧縮可能
  • 圧縮のやり直し可能
  • 無料でも毎月制限までは使用可能

という理由です。
特に圧縮率の高さとサイズを変更、選択できる部分が他の圧縮プラグインにはないのでおすすめしています。

Imagifyのインストール方法

ImagifyをWordPressにインストールしていきます。
WordPress管理画面の左側にあるプラグインから新規追加をクリックして、右にあるキーワードに
Imagify
と入力します。

出てきたImagify-Optimize Images…を今すぐインストールをクリックします。

少し待つとインストールが完了し有効化のボタンに変わりますので、有効化をクリックします。

他の画像圧縮プラグインを使用している場合は、画面が切り替わってからError表示みたいなものが出ますので、表示されたプラグインは無効化、削除しておいてください。
同時に画像圧縮プラグインをインストールすることは不具合のもとになります。
元々別のプラグインを使用して、画像圧縮していた場合は削除しておくだけで特にほかは何もしなくても問題ありません。

ImagifyのAPIキー取得

Imagifyを使用する最初の設定をしていきます。

有効化すると画面が切り替わってプラグイン一覧になります。
すると上部に↓のような表示が出てきますので、この表示に従って設定をしていきましょう。

1の下にあるボタンをクリックするとメールアドレスの入力画面にあります。
自分の使用しているメールアドレスを入力してください。

メールアドレスを入力すると、先程のメールアドレスにImagifyからメールが届きます。
そのメールにAPI Keyという文字と下によくわからない数字と英語の組み合わせがあればコピーします。
もしなければImagifyの公式ページが記載されているはずなのでImagifyのページにいってログインを行いAPIというページで確認することができます。

2のボタンを押すとAPIキーを入力する画面にありますので、メールか公式ページに記載されている数字と英語の組み合わせの長い文章をそのままコピーアンドペーストするだけでOKです。
問題なく入力されればおめでとうという文章が表示されます。

APIの設定は以上であとはImagifyの設定を行っていきます。
3のボタンをクリックします。

Imagifyの設定

Imagifyの設定を行いますが基本は何も変更しなくてもOKです。
変更したい場合の参考にしてください。

設定上部にあるこちらは、画像圧縮のサイズを設定できます。
NORMAL、AGGRESSIVE、ULTRAの3段階から選択することができます。
圧縮率が高いほど画像が荒くなりますが、サイズが小さくなり読み込みは早くなります。

Auto-Optimize images on uploadではチェックを入れるとアップロードした際に画像を自動で圧縮してくれます。

Backup original imagesでは元の画像を保存してくれる機能です。
元の画像があれば、圧縮率の変更などが再度可能です。

Keep all EXIF data from your imagesではカメラ情報、位置情報などの撮影時に画像に付与されている情報を消すことができます。
チェックを外していると消えますので、チェックがあると消してくれません。

WEBP FORMATはWebpという拡張子をフォーマットするかになります。
WebpはGoogleは推奨していますがWordPressには対応しておらず(いじれば対応できます)Safariなども対応していないので必要はありません。

MEDIA LIBRARYは画像の横幅の上限になります。
大きすぎる画像を自動的に変更してくれる機能です。

Files optimizationは画像をアップロードした際にサムネイルなどの別サイズ画像を何種類か自動で作り出してくれる機能で作成されるものを圧縮するか選択できます。

上部にImagifyのボタンを表示するかの設定です。

Imagifyの使い方

基本的にはImagifyをインストールしておけば勝手に圧縮してくれます。
手動で行う方法解説していきます。

個別で圧縮をかけることもできますが一括でかけるほうが簡単ですので一括でやっていきましょう。

左にあるメディアからBulk Optimizationをクリックします。
そこでどれだけのメディアファイルが圧縮されているのかを確認することができます。
中央部分にあるMedia Libraryの右側にあるAGGRESSIVEをクリックすると画像圧縮率を選択できます。
下にあるIMAGIF’EM ALLをクリックすることでサイトにある全ての画像の圧縮が開始されますので、終了するまで待つだけです。

個別で圧縮したい場合は、ライブラリから表示を変更すると右側にImagifyのタブがりますので圧縮率を選択することができます。

以上でImagifyのインストールから使い方になります。