ハリネズミが死んだらどうする?供養方法や最適な埋葬方法は?

ハリネズミが死んでしまった際にはどうしたらいいのか、供養方法や最適な埋葬方法を紹介していきます。
いずれ来る時に備えたり場所や方法を知っておきましょう。

ハリネズミが死んでしまったらすること

ハリネズミが死んでしまったら、まず体を綺麗にしてあげましょう。
死後硬直してしまう前に目を閉じさせてあげたり人間と同じように対応します。

埋葬方法になりますが、その日に行えない場合は涼しい場所で保存してあげましょう。
亡くなってしまうと遺体が腐っていくため高温はなるべく避けてください。

埋葬方法

埋葬する方法は3つあります。

  • 自分の庭に埋葬
  • 埋葬業者に委託
  • 行政に委託

自分の庭に埋葬

自分の庭にお墓を作って埋葬できるスペースがある場合は庭に埋葬することができます。
庭に埋葬する場合は、野良猫などに墓を荒らされないようにできる限り深く掘って埋葬します。
火葬ではありませんので、土に分解されないようなものを入れないようにしましょう。
目印として石や置物など、風や雨で流されないようなものがおすすめです。

他人の敷地(山なども)や公共の場所に許可を得ずに墓を作ると違法になってしまいます。

埋葬業者に委託

現在はペット埋葬、ペット霊園の業者が多くあります。
それぞれの会社ごとにプランや料金は異なります。
口コミやレビューを参考にして決めていきましょう。
個別火葬、個別埋葬、合同火葬、合同埋葬などがあります。
個別火葬と合同火葬は、遺灰を持って帰れるかが大きく違います。

行政に委託

各市町村の行政で引取をしているケースもあります。
ただ、埋葬方法は各自治体により異なり最終的にどう埋葬されるかは要確認です。
無料ではありますが、しっかりと確認していきましょう。

ペットロスをしないために

ハリネズミを亡くしてペットロスになりやる気が無くなり…となるかもしれません。
どう頑張っても戻っては来てくれないので、個人的なおすすめは遺灰など形あるもの・庭に埋葬している場合はアルバム、写真立てなどを作って家のどこか目に付くところにおいてあげることです。
毎日見たりすることで悲しい気持ちになるかもしれませんが、その子のことを忘れずに楽しい頃を思い出して笑顔になれる日が来るはずです。